LINK
為替相場というものの基礎的原因に関してのエピソードです。為替取引というものは「直接的に金の送金しない場合でもお金のやり取りの趣旨を果たすもの」になります。通常為替相場とは主に国際為替について言う事がほとんどです。国際の為替を簡潔に説明すると両国のマネーの取引のことを指します。海外へ旅行(スペイン、マレーシア、アメリカ)などしていればたぶん国際の為替の取引の経験があります。銀行窓口で違う国のお金へと換金をするならばまさに外国の為替にあたります。為替レートを簡潔にいうと買いたいと思う人と売る人の価格を指すものです。銀行と銀行の間でのやり取りの結果確定されるものです。その銀行とはマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定された複数の銀行なのです。為替レートは様々な影響を受けつつも引き続きリアルタイムに変化します。為替相場を動かすきっかけというのはファンダメンタルズというのがあります。ファンダメンタルズとは経済の動き、経済のベースとかいろいろな条件のことです。それぞれの国の経済成長や景気の状況、物価の変動、金融政策、要人発言などの事柄が影響し合って為替相場は変わり続けます。特に経常収支と失業者の割合は影響が大きいと考えられます。国際収支統計とは何かと言うと日本では財務省よりの指示で日銀が貿易の統計をベースとして集計した異国との一定期間の経済上のやり取りを書き留めたものですです。国際収支統計は行政機関や日銀のHPの中で確認することができます。就労者の統計、失業者の数もチェックされるケースが多い項目であります。ひときわ米の就労者の統計は重要視されます。月に一度発表され、調べる内容が幅広い点が大事なところです。為替の相場の変化はその国の経済の変化と言えるでしょう。各国の経済の動向を検証することにより為替相場の変動予想が可能であると結論付けられます。