LINK
クレカを機能停止する際のやりかたそのものは案外簡便なものではありますが、機能停止する手続きを行う前に知っておきたい事柄も覚えておくとクレジットの契約失効を卒なく終えることが確実になるに違いありません。ポイントを列挙してしてみたからぜひとも、参考にして頂ければ幸いです。クレジットカード登録の直後時間をおかずいきなり契約解除申請を実行するのはやってはいけない》クレジットカード加入手続きしたのちただちに手にしたカードを契約失効を行った場合、契約すべきでない人間という具合にクレジットカード会社にの内部でラベリングされてしまうということがある(例外的にしょっちゅう申請⇔解約するということをやってしまったとき)。あり得そうなのは入会限定特典欲しさで行った登録のときには、商品券または各種特典というふうな登録時の優待権を全部味わい尽くしたということで即契約解除の電話を行いたくなってしまうような衝動もわかる。そうは言ってもカードサービス会社の立場から見れば恥知らずの利用者に決して会社の準備するクレカを自分勝手に使用されて余分な作業を増やしたくないなどと考えるのは当然。なので、仮に作成時のプレゼント目当てでクレカをを登録した場合でも早まって使用取りやめに行わないでまずは半年、出来れば1年の間は該当するカード自体を有効にしてその後解約することをするべきだと念を押したい。もしくは入会時のサービス・ポイントということのみに限定せずまずは作ってはみたが使う機会がないので・・・などと考えてしまう様なときにおいても少なくとも発行してから六ヶ月よりも多くクレジットを所有するようにしておいてください。カードをもらうの方で考えるよりクレジットという代物を確認作業等を含めて製作する用の経費や手間は発生するものだと割り切って、ほんのちょっぴりお詫び・・・という具合に相手の事情を想像して頂けるのならお互い悪い気分にはならないように思います